忍者ブログ

コツコツ地道に

あったりなかったりについて

生活習慣を直して自然に痩せる

ダイエットで、より無理なく痩せたい場合には、有酸素運動を続けるのがべストな方法です。これは泳ぐ、歩く、軽く走るといった運動を意味します。
さらに、栄養面を配慮すべき点はプロテイン、すなわち、良質なタンパク質を体内に取り入れることです。脂肪(外食をしていると、特に摂り過ぎてしまう傾向があるでしょう)を燃焼させるためにはやはりタンパク質が必須なのです。ウォーキング(健康の促進や体力の増強を目的として歩くことをいいます)することによって痩せることの注意点は、歩く事を必ず40分以上する事です。
有酸素運動である歩く事で、燃えはじめる脂肪(外食をしていると、特に摂り過ぎてしまう傾向があるでしょう)は、大体、開始から約30分たってからです。
10分や20分ウォーキング(健康の促進や体力の増強を目的として歩くことをいいます)するくらいでは、脂肪(外食をしていると、特に摂り過ぎてしまう傾向があるでしょう)は燃やされず、痩せることの聴きめはとっても薄くなってしまうので、注意する事が大事です。
よくダイエットといえば有酸素運動を連想しますが、有酸素と無酸素はどう見分けるのか、区別ができません。普通、息は上がるけれど、汗はあまりかかない程度というのが、見分け方のようです。でも、発汗の仕方は時節によっても変わりますよね。
もっとはっきりとした違いがわかるとダイエットする気になると思います。ダイエットに効果的なスポーツといえば、エアロビクスです。
ダイエットを達成させるためには、とにかくカロリーを使うことが大切なのでカロリー消費が激しいジョギングやエアロビクスや自転車散策などの運動が一押しです。
又、身体をシェイプアップしてメリハリのある体の線をつくるためには、筋トレも重要です。
私は痩せようと思った時、自宅でもできるダイエット方法として腕立て伏せや腹筋、スクワットなどの運動を行ない、筋肉量を増やすことでからだの中の代謝が上がりやすい状態にした後に、少々速足での散歩を30分以上続けました。これをなるべくなら毎日おこなうことで、2か月の間に5キロのダイエットに成功しましたが、実行し続けることはとても大変でした。
呼吸に気を付けておなかからするだけでも、人はスマートになるそうです。
体を細くするストレッチとしては大聞く呼吸しながら肩甲骨を動かすことが効果的だと聞きました。肩こりにも有効なのですが、両腕を上に垂直に伸ばしながら息を吸い、腕は空にむけたまま、肘を曲げて体の後ろに下ろしていきます。
同時に息を吐きながら肩甲骨を縮める感じです。女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)には、結婚は一生に一度きりのはずのことなので、結婚することになってから、私も人並みにダイエットに努力しました。その上、エステにも行って見ました。
お金がさまざまと必要で2日間しか行けなかったけど、普段とちがうことをして微かに綺麗になれた気がしました。ダイエット食と言われたときのイメージは脂肪(外食をしていると、特に摂り過ぎてしまう傾向があるでしょう)分や糖分が控えめに入っているものが連想されやすいですが、私の個人的な経験をふまえると、塩分を控えめにしたご飯がとても効果があったように思います。特に、下半身の脂肪(外食をしていると、特に摂り過ぎてしまう傾向があるでしょう)が気になって仕方ない方は、まず減塩をしてみることを勧めさせて頂きます。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R